公益公益社団法人 難病の子どもとその家族へ夢を

  • 難病の子どもとその家族へ夢をとは?
  • 活動内容
  • ご支援をいただく方法
  • よくある質問
  • お問合わせ

ごあいさつ 『難病の子どもとその家族へ夢を』代表理事 会長 大住 力

おかげさまで難病の子どもとその家族へ夢をの活動も5年目を迎えることができました。
日頃よりこの活動にご共鳴、ご支援いただいているみなさまには、この場をお借りして御礼申し上げます。
難病の子どもとその家族へ夢をは、米国フロリダ州オーランドにある難病と闘う家族を支援する非営利慈善団体ギブ・キッズ・ザ・ワールドの日本運営団体として、2010年3月に誕生しました。
これまで80組以上(2014年6月時点)の難病と闘う子どもたちやご家族とお会いし、親交を深めております。 この活動の目的は、難病の子どもとその家族を支援することですが、実際には、家族のみなさまから、たくさんのこと、本当にたいせなことを教えてもらいました。

家族があつまるにぎやかな食卓や、なにげなく交わす“ふつう”の会話、幾度となく通っている歩き慣れた通勤、通学通路…。 私たちにとっては、当たり前で“ふつう”の日常のすべてが、眩いような光と彩りに満ちあふれているということを。退屈にさえ思える日々の暮らしを当たり前に繰り返すことができることこそ、本当に幸せだということを。

彼らの瞳は、私たちが普段、忘れてしまいがちな、でも本当はとても大切なことを、しっかりと見つめています。自分自身や家族が難病と闘う苦しみがありながらも、いま、を懸命に生き、笑い、泣き、愛おしむ。。。。。
夢や勇気をもらったのは、実は、私たちなのです。

難病の子どもとその家族へ夢をは、これからも、いま、を懸命に生きる難病と闘う子どもと家族全員を支援していきます。応援していきます。
今後とも、みなさまのご支援、ご協力をお願い申し上げます。

2014年6月 代表理事 会長 

代表 大住 力

   

※それぞれ著書イメージをクリックするとAmazonにてご購入いただけます。